中古車・車買取の知識ならCar5へようこそ

  HOME

車買取屋の盲点

車買取査定は、傷や凹みがあると、その分減額されるのは当然のことです。
そこで、今回はちょっとした小傷のある車を減額されずに上手く売る方法を教えましょう。ちょっとせこい方法なのですが、これで、結構金額がかわり、大変効果的なので覚えておいてとプラスになりますよ。

今回紹介するのは車買取査定する人のミスを誘う方法で、車の小傷などを、査定のときに見落としてもらうということです。

●時間帯を見計らう

昼の明るい時間帯に車買取店へ持ち込むのではなく、夜や夕方の薄暗くなった時間帯などに車買取の査定してもらいましょう。
明るいと丸見えの傷も、薄暗くなってきた夕方の時間からは暗くて傷が目立たなくなり、車査定がアップするでしょう。

●汚れは多少あり

普通、車買取店へ行くときには、洗車してきれいにして持っていく方がすこしでも、金額の高値が期待できると思いがちなのですが、この場合は例外で洗車せずに持っていく方がよいでしょう。この場合とは↓
小傷が多い場合は、わざと汚れた状態で持って行き、うっすらと砂ぼこりがかぶっているような状態で持ち込むのが、小傷が目立たなくなる方法です。

●天気も関係

車買取屋の兄さんが、車買取の査定をする上で一番嫌いな日が雨の日のようです。もちろん雨に濡れ車査定を行い、なんといっても車の傷や凹みが、とても見にくくなるようです。また雨の日には車のボディがキラキラと反射して、とてもきれいに見えるのも、雨の日の特徴なんです。ということは、キレイにみえて、車買取の査定のアップにつながる。ということですね。

この3つの条件が重なると、まさに車買取査定する人は、嫌がられると思いますが、高価買取の強い見方です。
たまーに、事故歴(修復歴)も見落とすこともありますよ。
※車買取屋によっては、「晴れた日にもう一度査定します」って言われることも・・・

pickup

fokids
https://item.rakuten.co.jp/lyckatill/c/0000000151/
長茎術
http://www.fbc-choukei.com/
(c) Car5 AllrightReserved.